すっぽんの栄養成分量はオスとメスで異なる?

良質なコラーゲンや必須アミノ酸が豊富に含まれ、滋養強壮や疲労回復に強い効果を発揮するすっぽん。
すっぽんも生き物なので当然オスとメスがいます。
どちらも食材としてよく使われていますが、含まれる栄養成分量に差はあるのでしょうか。
すっぽんのオスとメスの違いについて解説します。

結論から先に言ってしまうと、栄養成分量に関してはオスもメスもほぼ同じで、明確な違いはありません。
そのため、どちらがより優れているかを判断するのは難しいといえます。
ただ、血の量はオスの方が多いです。
味もよく似ているので、どちらがおいしいかは個人の味覚や好みに左右されますが、メスは卵があるのでオスより濃厚な味がします。
ヘルシーで高い栄養価と幅広い効能を持つすっぽんは、オスでもメスでも非常に優れた食材なのです。

どちらを食べても有効成分はきちんと摂取できます。
ビタミンやミネラルも豊富なので、貧血・骨粗しょう症・アンチエイジング等にも効果的です。

食材ではなく生き物としてみた場合ははっきりと違いが分かります。
特徴的なのは甲羅の形と尾の長さです。
オスは楕円形、メスは丸い甲羅をしています。
また、オスの方が尾は長く、メスの尾はとても短いです。

健康にも美容にも良いすっぽんを積極的に取り入れて元気な毎日を過ごしましょう。
サプリや栄養ドリンクにもすっぽんの成分を配合したものがあるので、ぜひ試してみてくださいね。

トップに戻る