天然と養殖のスッポンの違い

天然のスッポンは非常に貴重で、特に国産の天然のスッポンは希少性が高いです。
高級料亭でも養殖のスッポンが多くなっています。

天然のスッポンと養殖のスッポンの大きな違いは、その見た目です。
天然のスッポンはツメが鋭く、身体は茶褐色などで色が濃いものが多く個体差も出ますが、養殖のスッポンの身体は薄い緑色などで色が薄いものが多く、同じ場所で育った場合は全て似た色になります。

性格にも違いがあり、天然のスッポンは厳しい自然環境に適用するために獰猛になっていて手などに噛みつくことがあります。
また鋭いツメで引っかかれる可能性もあるので取り扱いには注意が必要です。
それに比べて養殖のスッポンは敵も少なくエサに困ることがない環境で育てられるため、穏やかな性格になります。

天然のスッポンは冬眠をするためにエサを蓄える秋頃が旬といわれています。
養殖のスッポンは安定して出荷するために季節による差はなく品質は安定しています。
天然のスッポンは出荷まで5年ほどですが、養殖は長くて3年、短いと1年ほどで出荷されます。
それはエサによる成長の違いです。

現在、エサや環境の研究や養殖の技術の発展により、味は大差がないといわれています。
しかし食感は育つ環境の違いにより異なります。
天然のスッポンは運動量が多く筋肉質になり、養殖のスッポンは肉質が柔らかくなります。

安全性ですが天然のスッポンはその環境下で独特の菌を持つ可能性があり、必ずしも安全とはいえません。
養殖のスッポンは管理された環境下で育てるため安全性が高いといえるでしょう。

トップに戻る