食用すっぽんと鼈サプリ摂取の注意点

残すところがない、とよくいわれるすっぽんですが、実際のところは甲羅や骨など硬い部分と、胆のうや膀胱などの一部の臓器は調理には向きません。
ただし甲羅や骨も厚いコラーゲンで覆われており、すばらしいスープが取れるので、そのまま捨てるということはまずないようです。
骨の髄まで味わえて、しかも生き血まで飲むことができるというのも驚きです。
こう考えるとすっぽんで食べられない部分というのはほんとうにごく僅かで、ほとんどの部分に素晴らしい栄養素が含まれているということがわかります。
そのため、サプリメントとして活用する際はすっぽんを丸ごと使用することが多くなっています。

鼈サプリを作るには、すっぽんを丸ごと冷凍、乾燥して、鮮度を保ったままで粉砕します。
こうすることで、すっぽんの栄養素を余さず閉じ込めることができるのです。
すっぽんはコラーゲンが豊富なうえ、カルシウムもたくさん含んでいます。
人の体を形成するために必要となる、上質な骨やたんぱく質も摂取できるので、お子さんの成長にもよいとされています。
このように、お子さんが食べても問題ないとされるほど安全なすっぽんですが、丸ごと摂取するだけに原材料には気を使いたいものです。

国産の天然物は大変に希少なので、ふだん出回っているすっぽんは、たいてい国内産の養殖物です。
天然と表記されている場合は東南アジアで捕れたすっぽんが多く、中でも水が悪い地域などのすっぽんは、味や栄養成分の配合について国産の養殖物に劣る場合が多々あります。

サプリメントを選ぶ場合は単に天然、養殖だけで選ばずに、原産地まで見て選ぶことが大切なのです。

トップに戻る